“高額選手”アジア勢力図 日本人最多5人…新世代10傑に海外注目「日本と韓国が支配」

(左から)冨安、久保、中島、ソン・フンミン、南野【写真:Getty Images】
(左から)冨安、久保、中島、ソン・フンミン、南野【写真:Getty Images】

最新の推定市場価格を基にアジア人サッカー選手トップ10を紹介

 数多くのアジア人プレーヤーが世界を舞台に活躍しているなか、インドネシアメディア「Bolalob」は「世界で最も高額なアジア人プレーヤー10人」を特集。アジアの“新世代”に目を向けて「日本と韓国がますます支配を強めている」と、アジアの勢力に触れている。

 記事では、ドイツ移籍情報専門サイト「transfermarkt」が公開しているサッカー選手の推定市場価格データを紹介。選手の年齢や過去の実績などを踏まえた移籍市場における推定金額を基にした「世界で最も高額なアジア人プレーヤー10人」を取り上げ、5人の日本人選手がランクインしている。

「ゆっくりだが、しかし確実にアジアのサッカーは、ヨーロッパや南米との距離に詰め始めている。アジア大陸は決して才能が尽きることない。ヨーロッパで見事に活躍した過去のビッグネームを思い出させる。香川真司、パク・チソン、長友佑都、アリ・ダエイなどだ」

 世界サッカーのなかで、アジアの存在感が徐々に高まっている点を強調。「現在のアジアには新世代がいる。日本と韓国の選手がますます支配を強めている。なかにはヨーロッパのトップクラブでプレーしている選手もいる」と記し、高額なアジア人選手として5人の日本人が登場した。

 9位タイの800万ユーロ(約9億4000万円)に食い込んだのが日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)だ。「鎌田大地は日本の才能ある若手選手の1人だ。ヨーロッパリーグで今シーズン6ゴールと驚異的なパフォーマンスを見せている」と飛躍ぶりを称えている。

 それを上回る1000万ユーロ(約12億円)で7位にランクインしたのが日本代表MF南野拓実だ。今年1月にオーストリアのザルツブルクから、昨季UEFAチャンピオンズリーグを制したリバプールへ移籍。熾烈な競争を繰り広げるなか、「リバプールではまだ強みを発揮しておらず適応の途上にあるが、並外れた才能を持っている」と指摘し、今後の活躍が期待されている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ