鳥栖、昨年度の”20.1億円”赤字を開示 Jリーグ「増資を行って債務超過に陥っていない」

サガン鳥栖の経営状況に注目が集まっている【写真:Getty Images】
サガン鳥栖の経営状況に注目が集まっている【写真:Getty Images】

Jリーグが19年度の45クラブ経営情報を開示

 Jリーグは27日、2019年度のクラブ経営情報開示のメディア説明会を実施し、サガン鳥栖について「債務超過に陥っていない」との見解を示している。

 今回は新型コロナウイルスの影響にて決算の確定が延期となった6クラブ(水戸ホーリーホック、栃木SC、東京ヴェルディ、横浜FC、レノファ柳口、SC相模原)、3月決算の4クラブ(湘南ベルマーレ、ジュビロ磐田、柏レイソル、Y.S.C.C.横浜)を除いた45クラブの情報を発表した。

 ヴィッセル神戸はJ市場最高営業収益の114.4億円を計上したが、その一方で鳥栖は20.1億円の赤字(当期純損失)となった。だが「赤字額を補う増資を行って債務超過に陥っていない」と発表している。

 会見に出席したクラブライセンス事務局のクラブライセンスマネージャー村山勉氏は、鳥栖について「経営破たんしないようにチェックしながら見させていただくなかで、債務超過に陥っていないと思っている」と説明している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング