中国代表DF、日本代表MFに衝撃カンフーキックで公開初謝罪「あるまじき行為でした」

中国代表DFジャン・ジーポン(右)と日本代表DF橋岡大樹【写真:Getty Images】
中国代表DFジャン・ジーポン(右)と日本代表DF橋岡大樹【写真:Getty Images】

昨年12月のE-1選手権で危険プレー、中国代表DFジャン・ジーポンがMF橋岡大樹に謝罪

 昨年12月のE-1選手権で日本が中国に2-1と勝利した一戦で、MF橋岡大樹(浦和レッズ)の頭に危険な飛び蹴りを見せたDFジャン・ジーポンがテレビ番組に出演し、「あるまじき行為でした」と公開謝罪した。香港紙「明報」が報じている。

 衝撃のプレーが生まれたのは、19年12月10日に行われたE-1選手権初戦の日本対中国戦だ。国内組で臨んだ日本は前半29分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)の代表初ゴールで先制し、後半25分にCKからDF三浦弦太(ガンバ大阪)が追加点。試合終了間際に1点を返されるも2-1で逃げ切った。

 その一戦で戦慄が走ったのは前半31分だ。右サイドでロングボールを受けようとした橋岡に対し、中国代表DFジャン・ジーポンが左足を大きく振り上げる“カンフーキック”を後頭部に見舞った。当時、香港英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は「日本の若者は乱暴なプレーの標的となった」と伝えている。

 それから約半年が過ぎ、テレビ番組に出演したジャン・ジーポンは自身のプレーを振り返り、「とても危険なものだった」と回想。「橋岡大樹選手に会ったら、何を話したいか?」と聞かれると、「橋岡選手、こんにちは。中国代表のジャン・ジーポンです」と改めて自己紹介しつつ、次のように謝罪の意を示している。

「試合後に映像を見て、危険だと思いました。あるまじき行為でした。幸いにも怪我をしなかったことに安堵しています。そうでなかったら、自分を責め、恥じていたと思います。謝罪いたします。また機会があれば、その時はお手柔らかにお願いします」

 記事では「中国代表のジャン・ジーポンが、“カンフーキック”事件で橋岡大貴に初謝罪したのは5カ月後」と伝えており、公開謝罪に注目が集まっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド