セリエA、シーズン打ち切り加速も… 伊連盟会長は猛反発「イタリアサッカーの死を意味する」

イタリア・サッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長【写真:Getty Images】
イタリア・サッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長【写真:Getty Images】

スポーツ大臣の打ち切りを肯定する発言にFIGCのグラビナ会長が反発

 イタリア・サッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長が、イタリア政府がセリエAの打ち切りへ向けて動きつつあるなかで「私が会長の間、その署名はしない」と徹底抗戦の姿勢を明らかにした。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 イタリアは欧州でも最初に新型コロナウイルスが感染拡大し、現在では感染者数が20万人を超え、死者も2万7000人を超えた。そうしたなかで3月中旬から公式戦はストップしているが、隣国のフランスやオランダ、ベルギーといった国でリーグ戦の打ち切りが決まった。

 これを受け、イタリアのスポーツ大臣であるヴィンチェンツォ・スパダフォーラ氏は「欧州で主要になりつつあるこの流れは、イタリアの背中を押す」と、民放局「LA7」の番組内で話し、さらには「私がどこかのクラブの会長なら、来シーズンについて考える」とまで話した。

 一方で、この発言を受けたFIGCのグラビナ会長は、セリエBのアスコリとの間で行われたオンライン会議の際に、“徹底抗戦”を宣言したという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。

「プランBにシーズン中断が含まれるかについて、私にはプランB、C、Dと考える責任があるが、私がFIGCの会長である限り、リーグ戦の打ち切りに署名することはない。それは、イタリアサッカーの死を意味する」

 グラビナ会長はこう話し、イタリア政府内で主流派になりつつある方針と戦う姿勢を示した。以前よりグラビナ会長は「シーズンを完了できなければ、訴訟の雪崩に襲われることになる」と話していただけに、経済的理由から決断は難しいとみられる。果たして、イタリア政府と対立しつつあるサッカー界はどのような決断を下すことになるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ