“セクシーフットボール”再び!? 乾貴士、先輩との“宿題合戦”がヒートアップ「次はこれ」

元野洲高の乾貴士(左)と楠神順平がリフティング動画を交互に投稿【写真:Getty Images】
元野洲高の乾貴士(左)と楠神順平がリフティング動画を交互に投稿【写真:Getty Images】

野洲高時代に一世を風靡した乾と楠神が、SNS上でテクニック動画を交互に投稿

 日本サッカー界は、新型コロナウイルスの影響によりシーズンの中断・延期が続いている。そのなかで、欧州でプレーする日本代表戦士を中心に自宅でできるテクニック動画やトレーニング動画がSNSのトレンドとなっているなか、かつて“セクシーフットボール”で一世を風靡した野洲高出身のMF乾貴士(エイバル)と、一学年先輩にあたるMF楠神順平(南葛SC)の“宿題合戦”が熱を帯びている。

 乾がリフティング動画を連日インスタグラムにアップして注目を集めるなか、2005年度の高校選手権で野洲高の一員として全国制覇を果たした楠神が新規開設したツイッターで乾からリクエストのあった「リフティングチャレンジ!!」に挑戦。右足裏でボールを横に移動させ、軸足の左足に当てて浮かせると、空中でボールをまたいで反転しながら右足インサイドでボールをヒット。くるりと回転してすかさず落ちてくるボールをトラップしてリフティングを続ける高難度技を披露していた。

 乾は20日、楠神の大技に挑戦した動画をSNSに投稿。「ちょっと違うけど、これでいいかなぁ?笑」と綴り、わずかにアレンジを加える形となるも見事に成功させており、楠神も「ちょっと違うのはいいとして、俺よりもいい感じに仕上げてくるのやめてもらっていい?」と“ツッコミ”を入れていた。

 今度は乾が「じゃぁ次はこれやって!笑」と宿題を提出。右足裏でボールを横にスライドさせながら右足、左足にボールを当て、空中に浮いている間にボールの周りで右足を一周させて、通常のリフティングを行うという流れるような美技を披露した。

「1ヶ月ちょーだい」(楠神)
「絶対すぐできるやん」(乾)

 そして、楠神は22日にチャレンジ動画を投稿。映像では見事に乾のテクニックを再現し、「出来てる?笑 #見た目より難しい #みんなもやってみて」と綴っている。

 ドリブラーとして鳴らす乾と楠神の“テクニック合戦”は今後も注目を集めそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング