CLとELの決勝を8月開催へ UEFAが「7月末までのリーグ戦終了」で各国協会と議論

CLとELの決勝を8月開催案が浮上(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】
CLとELの決勝を8月開催案が浮上(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】

UEFA、CL&EL決勝を8月開催へ 準々決勝・準決勝は“一発勝負”に変更の可能性も浮上

 新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見えないヨーロッパ各国において、サッカーの再開時期はいまだ先行きが立たない状況が続いている。そのなかでUEFA(欧州サッカー連盟)は主催するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)とUEFAヨーロッパリーグ(EL)の決勝を8月に開催する可能性が高まったと英公共放送「BBC」が伝えている。

 UEFAは現地時間21日、ヨーロッパ55カ国のサッカー協会に対して6、7、8月を通して協議が行われる可能性があると方針を示している。ただ「BBC」によると、具体的に言えば「7月31日までに国内リーグの日程を終了する」計画で議論され、その後にヨーロッパでの大会が続く形になるとしている。

 UEFAとしてはまだ完全な形の合意ではなく、考え得る限りのオプションは残しており、このままシーズンをすべて完了できる保証はないとの考えを示している。ただし国境を越えての対戦が必要となるCL、ELについては8月には渡航制限が緩和される可能性が高いとの見立てもあり、それを想定したシナリオを描いているのだという。

 日程としては準々決勝と準決勝を8月11日~22日の間に2試合(ホーム&アウェー)制で行う形を想定している一方で、決勝と同じ“一発勝負”にする方式も考慮されているという。

 ただしCL、ELの8月再開案は各国リーグが7月までのシーズン終了が難しいと判明した場合、「ある程度の柔軟性を持つ」としている。現時点でプレミアリーグは9試合、最も感染拡大の影響を受けたスペイン(リーガ・エスパニョーラ)とイタリア(セリエA)はそれぞれ11試合と12試合が未消化となっている。

 異例の8月開催が決断されれば、高温の夏に過密日程となる懸念もある。未曽有の事態のなかで欧州最高峰の戦いを消化し切れるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング