乾貴士の旧友MF、華麗な“回転式リフティング”に元代表戦士も反応 「ドヤ顔がえぐい」

南葛SCに所属する楠神順平(※写真はウェスタン・シドニー時代)【写真:Getty Images】
南葛SCに所属する楠神順平(※写真はウェスタン・シドニー時代)【写真:Getty Images】

野洲高出身の南葛SC・楠神が乾級のテクニックを披露した動画をツイッターに投稿

 かつて“セクシーフットボール”で一世を風靡した野洲高の出身で、エイバルの日本代表MF乾貴士の一学年先輩にあたるMF楠神順平(南葛SC)が公式ツイッターを更新。華麗なリフティング動画を投稿すると、元同僚から「ドヤ顔が最高級にえぐい…」とツッコミが入るなど選手間で注目を集めている。

 2005年度の高校選手権で野洲高の一員として全国制覇を果たした楠神は、同志社大に進学して、その後川崎フロンターレでプロキャリアをスタート。セレッソ大阪、サガン鳥栖を経て、2016年夏に元日本代表MF小野伸二(FC琉球)も在籍したオーストラリア1部のウェスタン・シドニー・ワンダラーズに活躍の場を求めた。2018年にJリーグ復帰を果たし、清水エスパルス、モンテディオ山形でプレーすると、今年から東京都1部リーグの南葛SCと契約した。

 4月6日にツイッターを開設した楠神。野洲高の後輩である乾が連日リフティング動画を投稿しているのを受け、「リフティング出来るかなぁ」とつぶやくと、乾から「やってなー! うまいのしってんでー!」とリクエストが届いていた。

 そのなかで19日、ツイッターに「リフティングチャレンジ!! これは簡単やし南葛SCのみんなはやってくれるやろうなー。オリジナルの技も見たいなー。笑」と綴り、一本の動画を投稿した。右足裏でボールを横に移動させ、軸足の左足に当てて浮かせると、空中でボールをまたいで反転しながら右足インサイドでボールをヒット。くるりと回転してすかさず落ちてくるボールをトラップしてリフティングを続け、最後はカメラ目線で表情を決めた。

 乾にも負けない美技に、C大阪時代の同僚である元日本代表MF関口訓充(ベガルタ仙台)は「ドヤ顔が最高級にえぐい…」と反応。楠神も「嬉しすぎてついつい」と素直な胸中を明かしている。南葛SCの選手たちからも「クオリティ高!! さすがだなー!」「上手すぎるっす」「第二弾も期待してます」と感嘆の声があがっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング