FC東京、ジャニーズ手洗い動画「Wash Your Hands」を“やってみた!!”で感染予防を呼びかけ

FC東京が手洗い動画を発信【写真:Getty Images】
FC東京が手洗い動画を発信【写真:Getty Images】

Jリーグに呼び掛けてジャニーズ側に許可を取り、ファン・サポーターに向けて発信

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、Jリーグはシーズン再開のプランが白紙となっている。感染拡大を抑えるべく、多くのクラブが活動休止を決断。6日からトップチームとアカデミーの活動を休止しているFC東京は、ジャニーズが公式YouTubeで展開する「手洗い動画(Wash Your Hands)」を選手たちが実施し、啓発活動の一環として発信している。

 日本国内では新型コロナウイルスの感染者が増え続け、7日には政府が7都府県を対象に緊急事態宣言を出した。これを受け、多くのJクラブが活動休止やその期間延長を発表している。

 6日からトップチームとアカデミーの活動を休止したFC東京は8日、クラブ公式YouTubeチャンネルに「FC東京がジャニーズ手洗い動画『Wash Your Hands』をやってみた!!」と題した動画をアップした。

 これは、ジャニーズが公式YouTubeチャンネルで展開している「手洗い動画(Wash Your Hands)」に基き、音楽と歌に乗せて楽しみながら、しっかりと手洗いを行ってウイルス策をしよう、というものだ。

 今回、Jリーグに呼び掛けて、ジャニーズ側に許可など取り、他クラブに先駆けてFC東京が実施に至ったという。

 映像では、キャプテンのMF東慶悟からスタートし、昨年A代表デビューを飾ったDF渡辺剛、MF髙萩洋次郎、MF橋本拳人、GK林彰洋、FW永井謙佑、DF室屋成ら主力選手が自宅で歌に合わせてダンスを踊り、手洗いを推奨。最後はDF森重真人が「皆さんも予防につとめてまた味スタで会いましょう!」と呼び掛けている。

 FC東京によれば、Jリーグと各クラブが協力して選手ならびに再開(開幕)を待ち望むファン・サポーターに向けて少しでも元気になってもらうコミュニケーション施策として実施。「『手洗いを広く・楽しく伝える』ことが訴求ポイントであり、啓発活動の一環として発信していくことができれば、と考えております」としている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング