清水「36選手の最新市場価格ランキング」 3人の新加入FWが“1億円超え”、前線の競争激化

守備陣にやや不安…新加入DFヴァウド、GKネト・ヴォルピらの活躍に期待

 そうした市場価格の高いFWを獲得したことで、高額選手のバランスが前線にやや偏っている。そうした意味では守備面に不安を抱えることになりそうだが、ブラジル1部セアラーから獲得したDFヴァウド(8400万円/10位タイ)とコロンビア1部アメリカ・デ・カリから加入したブラジル人GKネト・ヴォルピ(7800万円/12位タイ)に注目が集まる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 多くの新戦力を獲得したチームを率いるのは、オーストラリア人のピーター・クラモフスキー新監督。2018年から2シーズン、横浜F・マリノスのヘッドコーチとしてアンジェ・ポステコグルー監督を支え、攻撃的なサッカーを志向する。開幕戦はFC東京に1-3で敗れたが、自分たちの時間帯を作るなど可能性の片鱗を見せた。この予期せぬ中断期間を使って新戦力の融合を加速させられれば、今季は残留争いを回避することができるはずだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング