日本代表の新鋭FW、自宅ユニフォーム「コレクション」公開――飾られた3選手は?

ヴィッセル神戸でプレーする日本代表FW古橋亨梧がコレクションを公開【写真:高橋学】
ヴィッセル神戸でプレーする日本代表FW古橋亨梧がコレクションを公開【写真:高橋学】

DF渡辺、FW矢島、MF和田が古橋の“ユニフォーム・コレクション”入り

 J1ヴィッセル神戸の日本代表FW古橋亨梧が自身のインスタグラムを更新し、「コレクションを紹介します」と自室に飾ってあるユニフォームを紹介した。3選手のユニフォームが並んだ1枚に「素敵です」の声が上がっている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でJリーグは一時中断しているなか、3月30日には神戸の元日本代表DF酒井高徳が陽性反応。その後、クラブ関係者にも感染者が出たなか、1日にはクラブハウスと選手寮で消毒滅菌作業を行った。

 さらなる感染拡大の防止に注力するなかで、神戸FW古橋が4日にインスタグラムを更新。自宅の一角を撮影した1枚の写真をアップし、「コレクションを紹介します」と綴った。写真には、元日の天皇杯優勝時のメダルと記念シャツとともに、3選手のユニフォームが収まっている。

 壁際に3枚のユニフォームが揃い、それぞれ背番号と名前が見て取れる。FC東京のDF渡辺剛と同FW矢島輝一に加え、松本山雅FCのMF和田達也(現・栃木SC)の3選手が並ぶ形で、“古橋コレクション”となっているようだ。ファンから「素敵です」「もっと増えるといいですね」などのコメントが届き、今後のコレクション増加に期待が寄せられている。

 2019シーズンにリーグ戦31試合10ゴールと爆発した古橋は、同年11月19日の国際親善試合ベネズエラ戦(1-4)で日本代表デビューを飾った。豊富な運動量と爆発的なスピードを兼備する25歳アタッカーの最盛期はこれから。今後のさらなる飛躍に大きな期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング