志村けんさん訃報、日本サッカー界追悼「ショック」 乾貴士「ほんまにお願いします!」

エイバルMF乾貴士【写真:Getty Images】
エイバルMF乾貴士【写真:Getty Images】

乾が切実な訴え 「有名な方がなくなってニュースになって皆んなの意識が変わる事はある」

 日本コメディー界の巨星・志村けんさんが新型コロナウイルスに感染し、29日に70歳で死去した。日本サッカー界からも現役選手たちが追悼メッセージを発信し、日本代表MF乾貴士(エイバル)は「ほんまにお願いします!」と切実に訴えかけている。

 世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るい、Jリーグをはじめとする各国のサッカーリーグに加え、スポーツ界も一時中断。今夏に予定されていた東京五輪も1年程度の延期が決まった。そんな状況のなか、20日から入院中だったタレントの志村けんさんが29日午後11時10分に亡くなり、サッカー界にも衝撃が走っている。

 スペインを舞台に戦う乾は公式ツイッターで「志村さんが亡くなった」と切り出すと、「これはみんながコロナに対してもう一度しっかりと考えないといけない」と人々の意識に言及。「特に若い人達は、自分は大丈夫と思っていても、その周りにいる人が亡くなっていく可能性がある。他の国でも、そうかもしれんけど、有名な方がなくなってニュースになって皆んなの意識が変わる事はある」(原文ママ)と綴り、訴えかけるように連続投稿している。

「日本もそうなる事をほんまに願いたい。これ以上大切な人が亡くならいよう、失わないように、みんなが今やれる事をやりましょう。それは今は外出をできる限りやめる事だと思う!! 無駄は外出はやめてください! ほんまにお願いします!」(原文ママ)

 Jリーガーたちもツイッター上で次々の反応し、それぞれ思い思いのメッセージを発信している。

檀崎竜孔(MF/北海道コンサドーレ札幌)「だいすきでした。本当にショックです。ご冥福をお祈りいたします」

池田樹雷人(DF/愛媛FC)「地元の誇り。ご冥福をお祈りします」

三國ケネディエブス(DF/アビスパ福岡)「地元どこ?って聞かれて志村けんの所って言ったら大体みんなわかってくれました。あなたの地元東村山が俺の帰る場所は誇らしいです」

水野泰輔(MF/藤枝MYFC)「志村けんさんショック…。小学生の頃バカ殿めっちゃ好きでいつも見てました」

 ザ・ドリフターズの一員として人気を博し、「バカ殿様」や「変なおじさん」などのキャラクターも愛された志村けんさん。日本を代表するコメディアンの訃報に悲しみが広がっている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング