小野伸二の“神トラップ”が反響拡大 黄金世代FW感嘆「これは天才にしかできません」

FC琉球の元日本代表MF小野伸二【©FC RYUKYU】
FC琉球の元日本代表MF小野伸二【©FC RYUKYU】

小野がインスタグラムに投稿したトラップ講座に元日本代表FW播戸氏も反応

 J2のFC琉球に所属する元日本代表MF小野伸二が、またもや圧巻のテクニックで注目を集めている。稀代のテクニシャンは、自身の公式インスタグラムで「トラップのコツ」を伝授。足に吸い付くような“匠の技”への反響は拡大し、元日本代表FWも「これは天才にしかできません」と舌を巻いている。

 小野は1998年に浦和レッズに入団。オランダ1部フェイエノールトやドイツ1部ボーフムにも在籍し、浦和への復帰も挟みながら、2010年には清水エスパルスへ加入した。12年オーストラリア1部ウェスタン・シドニー・ワンダラーズを経て、14年に北海道コンサドーレ札幌へ。キャリアの中でも最長の5年半過ごした思い入れあるクラブを昨年8月に離れ、現在はJ2の琉球で奮闘している。

 今季の開幕戦となった2月23日のジェフユナイテッド千葉戦(0-1)は後半35分から途中出場した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けてJリーグは公式戦が中断中だが、小野はインスタグラムを活用してリフティング講座を開くなど積極的な姿勢を見せている。

 27日にはインスタグラムに「未来のちびっこ達に夢を 今回はトラップのコツ #ピタッと #チャレンジ」と綴り、「トラップ講座」を開講。「ボールを投げて下で止める。コツはちょっとつま先寄りに使って、落ちてきた瞬間にすっと(手前に足を)引くと跳ねないで止まると思う」とトラップのコツを惜しみなく伝授している。

 これには、小野と同じ1979年生まれで“黄金世代”と呼ばれた一人の元日本代表FW播戸竜二氏も「これは天才にしかできません」と感嘆。ファンからも驚きの声が続々と寄せられた。

「世界を魅了した“神タッチ”」
「カッコ良すぎ 磁石かよ!」
「凄すぎて 理解不能」
「足を引く凄くわかりやすい説明です」

 今年9月には41歳を迎える小野だが、その卓越した技術は衰える気配がない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング