南野拓実の衝撃 リバプール移籍決定弾、80m爆走ドリブル…今季「名シーン5選」公開

リバプールMF南野拓実【写真:AP】
リバプールMF南野拓実【写真:AP】

リバプールのクロップ監督も感銘、世界に衝撃を与えた驚愕ボレー弾

 日本代表MF南野拓実にとって、2019-20シーズンは大きな転機と言えるだろう。在籍6シーズン目のオーストリア1部ザルツブルクで今季をスタートさせたなか、瞬く間にスターダムを駆け上がり、欧州王者リバプールへ移籍を果たした。そんな激動のシーズンから南野の名シーンを「DAZN」がピックアップし、動画で紹介している。

 真っ先に登場したのは、南野のサッカー人生を大きく左右することになった一撃だ。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)第2節で、ザルツブルクは昨季CL王者リバプールと対戦。前半36分までに3失点のザルツブルクは直後に1点を返し、迎えた後半11分に南野が強烈な輝きを放つ。

 ハーフウェイライン付近から速攻を仕掛けたザルツブルクは左サイドを突破し、中央へクロスを供給。そこに走り込んだのが南野だ。絶妙なタイミングでエリア内に入り込み、思い切りよく右足を振り抜き、鮮やかなボレーシュートを叩き込んだ。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は「まさにその瞬間、ユルゲン・クロップは南野拓実と契約したいと思った」と紹介。世界に衝撃を与えた南野の一撃は、リバプールを率いるクロップ監督に感銘を与え、ビッグクラブ移籍に直結したと伝えている。

 南野はこのリバプール戦で1ゴール1アシストの活躍を見せたおり、そのアシスト場面も映像の3番目に登場する。相手エリア内でボールを受けた南野はフェイントを交えながらボールをキープすると、絶妙なグラウンダーのパスを送り、ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(現ドルトムント)のゴールをお膳立てした。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング