「経験を基に教えてくれた」 シティの独代表MFサネ、リハビリを支えた2人の同僚は?

マンチェスター・シティMFレロイ・サネ【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティMFレロイ・サネ【写真:Getty Images】

同じ膝の負傷を経験したギュンドアンとメンディに相談に乗ってもらったと説明

 マンチェスター・シティのドイツ代表MFレロイ・サネは、昨年8月に行われたコミュニティ・シールドのリバプール戦で右膝前十字靭帯を損傷。長いリハビリを強いられたなか、ついに復帰の準備が整ったサネは、負傷していた間に2人のチームメイトに助けられたと語っている。ドイツ紙「ビルト」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 サネにとっては我慢の時間となったが、負傷当時を「もちろん、チーム全員が助けてくれた。そのなかでも、怪我のことは(イルカイ・)ギュンドアンと(ベンジャミン・)メンディが相談に乗ってくれた」と振り返る。

「負傷した時、どういう気持ちになるのか、どういうことが起こるのか、彼らは経験を基に教えてくれた。難しい時期を一緒に乗り越えることができて、嬉しく思うよ」

 ギュンドアンはシティに加入した2016-17シーズンに右膝の靱帯損傷で長期離脱を強いられた。また、メンディもシティ加入後に左膝半月板損傷などを経験している。

 ドイツ王者バイエルンが長期にわたって獲得を目指しているサネは、「僕のキャリアで、最も深刻で、最も長期にわたった負傷だった。とても難しい時間だったよ。特に手術を終えて最初の日はね。ほとんど動くことができなかったし、ほとんどのアスリートはその状況に慣れていないからね。リハビリは長くなることが分かっていたから、自分自身を励まさなければいけなかった」と語った。ただ、ピッチを離れていた間、ポジティブな面もあったという。

「自分自身の弱みに取り組む良い機会になった。しっかり治療して、より強く戻れる機会になったよ」

 新型コロナウイルスの影響で公式戦はストップしているが、シーズン再開後にはピッチで戦う姿が見られそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」