天才“小野先生”が技術を伝授! リフティング講座で「大事なこと」と話すのは?

FC琉球MF小野伸二【©FC RYUKYU】
FC琉球MF小野伸二【©FC RYUKYU】

公式インスタグラムでリフティングを解説

 J2のFC琉球に所属する元日本代表MF小野伸二が、公式インスタグラムを更新した。多くの人々を魅了してきた天才MFは、「未来のちびっ子達に夢を」と題して、「僕なりのリフティングの始め方講座」の動画を投稿。丁寧にコツを伝授し、反響を呼んでいる。

 小野は、1998年に浦和レッズに入団。オランダ1部フェイエノールトやドイツ1部ボーフムにも在籍し、浦和への復帰も挟みながら、2010年には清水エスパルスへ加入した。12年オーストラリア1部ウェスタン・シドニー・ワンダラーズを経て14年から北海道コンサドーレ札幌に加入した。キャリアの中でも最長の5年半過ごした思い入れあるクラブを昨年8月に離れ、現在は琉球で奮闘している。

 今季の開幕戦となった2月23日のジェフユナイテッド千葉戦(0-1)は後半35分から出場。今年41歳を迎えるファンタジスタの活躍が期待されているが、現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けてJリーグ含めて公式戦が中断中。各クラブや選手が工夫を凝らして、SNSで企画やスキルアップのための“宿題”動画などを掲載している。

 そんななか、小野も自身の「リフティング講座」を公式インスタグラムで開いた。「未来のちびっ子達に夢を」と題して、「僕なりのリフティングの始め方講座」を動画で解説。詳しく方法を伝授している。

「リフティングが上手くいかない、どうしたら上手くいくかというところで質問が来ていたので、僕なりに教えたいと思います。僕的には、リフティングは感覚が大事だと思う。しっかりボールの芯に当てて真っすぐ上がらないと続かない。まずは1回1回、ボールが同じところにくるようにまずは感覚を確かめます」

 リフティングを実際に披露しながら、小野の言葉でフォロー。「同じところに(ボールが)来るように感覚を確かめる。できるようになったら2回、3回。できるまでは1回を何回も繰り返す。それが大事かなと思います」と、地道な努力からステップアップする大切さを説いている。

 これにファンからは「伸二先生サイコー」「すごいわかりやすい」「私もやってみようかな」と、絶賛の声が上がる一方で「あと30年はやく、教えてくれてたら~!(笑)」と悔しがる投稿もあった。贅沢な“小野講座”はファンにとって喜ばしいものとなったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング