CL王者リバプール撃破! 2発アトレティコMFが歓喜爆発 「みんなが祝ってくれた」

アトレティコ・マドリードMFマルコス・ジョレンテ【写真:Getty Images】
アトレティコ・マドリードMFマルコス・ジョレンテ【写真:Getty Images】

延長戦で2ゴールを挙げ、敵地での逆転勝利に導く

 アトレティコ・マドリードは11日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第2戦、敵地で昨季CL王者リバプールと対戦し、延長戦の末3-2で勝利。2試合合計スコアを4-2としたアトレティコが、準々決勝進出を決めている。この試合で2ゴールを挙げたスペイン人MFマルコス・ジョレンテは、「この気持ちは表現できないよ」と喜びを爆発させた。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 この試合、ベンチスタートだったジョレンテは、1点ビハインドの後半11分にスペイン代表FWジエゴ・コスタとの交代でピッチに送り出された。90分を1-0のまま終えた両チームは、2試合合計スコアが1-1となり、試合は延長戦にもつれ込む。

 延長前半3分にブラジル代表FWフィルミーノに得点を許し、勝ち越しゴールを許したアトレティコだったが、ここからジョレンテが大活躍を見せる。延長前半7分にポルトガル代表FWジョアン・フェリックスがGKアドリアンの縦パスをカットして、ジョレンテにパス。これを受けたジョレンテは、エリア外からゴール右下にシュートを突き刺した。

 このゴールでアウェーゴールでのリードを得たアトレティコは、さらに延長前半アディショナルタイムにもジョレンテが右足でGKアドリアンが守るゴールを射抜き、2-2と同点に持ち込んだ。その後、引いて守備を固めたアトレティコは、延長後半のアディショナルタイムにもスペイン代表FWアルバロ・モラタが逆転ゴールを決め、3-2で試合を制した。

 2ゴールを挙げた感想について、ジョレンテは「僕が得点を決めて、そのゴールが勝ち抜けを決めたんだ。この気持ちは表現できないよ。みんなが祝ってくれた。僕はとても嬉しいし、チームも喜んでいるよ」と語った。

 さらにジョレンテは、「逆境に立ち、食い下がらないといけない時、このチームの限界がどこにあるのか、僕たちにも分からない。今夜の僕たちは死ぬ気で守った。チームが一体になった時は、こうしたことが起こるんだ」と、自身のゴール以外にも、一丸となって戦ったことが最高の結果につながったと語った。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング