CLで一心同体!? 南野とハーランドに起きた“珍事”に海外注目「同じ日に…2度もだ」

それぞれ、ザルツブルクから移籍して活躍するハーランド(左)と南野【写真:Getty Images】
それぞれ、ザルツブルクから移籍して活躍するハーランド(左)と南野【写真:Getty Images】

南野とハーランドはそれぞれベスト16敗退が決定 ザルツブルク時代も経験

 リバプールは現地時間11日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦でアトレティコ・マドリードと対戦し、延長戦の末、ホームで2-3と敗れた。これにより、2戦合計スコア2-4で前回王者の敗退が決定した。同日にドルトムントも大会を後にしたことから、米メディアは日本代表MF南野拓実とノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドにまつわる“珍事”を取り上げている。

 2月18日に行われたCLラウンド16第1戦のアトレティコ戦では、敵地で自慢の攻撃力を封じられ、0-1の敗戦を喫した。ホームでの第2戦では練習中に負傷したブラジル代表GKアリソンに代わってGKアドリアンを起用。試合は前半43分に決まったオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムのヘディング弾により合計スコアで追いつくと、延長前半4分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが勝ち越しゴールを奪うことに成功する。

 しかし、延長前半7分、同アディショナルタイムに相手MFマルコス・ジョレンテにミドル弾を沈められると、後半アディショナルタイムには相手FWアルバロ・モラタに3失点目を与えた。無敗神話を誇る本拠地アンフィールドで衝撃の逆転負けを喫し、前回王者の欧州連覇の夢は早くも潰えた。。南野は延長後半8分に投入されたが、出場時間が短かったこともあり、シュート0本に終わった。

 また、同日に行われたパリ・サンジェルマン(PSG)対ドルトムントは、2-0でPSGが勝利。第1戦でハーランドの2得点により2-1で先勝していたドルトムントは合計スコア2-3で敗退を余儀無くされた。この結果を受け、米メディア「ブリーチャー・レポート」は公式ツイッターで「ハーランドと南野が今季のCLで同じ日に敗退を喫した…2度もだ」と投稿し、ハーランドと南野にまつわる“珍事”に触れている。

 今冬の移籍市場でそれぞれ移籍を果たした南野とハーランドだが、今季はザルツブルクの一員としてもCLに参加しており、グループステージ敗退を経験していた。当然、同僚だった両者は同日に敗退を経験したわけだが、新天地でもリバプールとドルトムントが同日に敗れたことで、再び同日に敗退を味わう羽目になったのだ。1シーズンにCLの舞台で2度にわたって同日に敗退が決まるというのは“一心同体”の珍事と言えるかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング