久保裕也、衝撃の「ナックルシュート」弾に米反響 「この軌道はばかげている」

FCシンシナティの久保裕也が移籍後初ゴール【写真:Getty Images】
FCシンシナティの久保裕也が移籍後初ゴール【写真:Getty Images】

1月に米シンシナティへ移籍、第2節アトランタ戦で移籍後初ゴールも1-2惜敗

 アメリカMLS(メジャーリーグサッカー)のシンシナティに移籍したFW久保裕也が8日のリーグ第2節アトランタ戦にスタメン出場し、圧巻の一撃で移籍後初ゴールを叩き込んだ。1-2と惜敗したなか、久保が叩き込んだ「ナックル」シュートに注目が集まっている。

 久保は今年1月、ベルギー1部ヘントからシンシナティに移籍。開幕戦に続き、アトランタ戦で2試合連続スタメンを勝ち取ったなか、0-2で迎えた後半19分に26歳の日本人アタッカーが衝撃のシュートを叩き込む。

 相手ペナルティーエリア左でMFアドリアン・ルガタンからのパスを受けた久保は、右側にボールを持ち直すと、そのまま右足を一閃。素早く振り抜いた一撃はほぼ無回転のままゴールへ飛び、相手GKが動けない軌道を描いてネットを揺らした。

 チームは惜しくも1-2で敗れて開幕2連敗を喫したが、クラブ公式サイトは「ユウヤ・クボは、長い距離のナックルシュートがネットを揺らしたのを見るとゴールに背を向け、手を振って味方にボールを拾い、ポジションに戻ってプレーを再開するように促した」と描写している。

 その一方、クラブレポーターを務めるチャーリー・ハッチ氏は自身のツイッターで「この一撃の軌道は完全にばかげている。ユウヤ・クボのなんて移籍後初ゴールだ」と驚きを露わにした。また米紙「アトランタ・ジャーナル=コンスティテューション」のレポーターなどを務めるダグ・ロバートソン氏も自身のツイッターを更新し、「久保のシュートはナックルに見えた」と衝撃が広がっている。

 チームは開幕から苦戦が続くなか、久保の一撃は光明の一つとなったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング