バルセロナ、”SNS操作疑惑”の会社と契約解除 エースのメッシが見解「奇妙に見える」

リーガ3連覇を狙うバルセロナに"ピッチ外"で問題が発生【写真:Getty Images】
リーガ3連覇を狙うバルセロナに"ピッチ外"で問題が発生【写真:Getty Images】

メッシら主力や有名OBのSNSを監視し、否定的なコメントを書き込み

 バルセロナはリーガ・エスパニョーラ3連覇、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇に向けて勝負の終盤戦を迎えている。そんななかでピッチ外で起きたのは、所属選手やOBのSNSを攻撃していたと報じられたPR会社との契約解除問題だ。エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」のインタビューを受けて、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長からの説明を明かしている。

 この問題はクラブが契約していた「I3ベンチャーズ」という会社が、メッシや元スペイン代表DFジェラール・ピケ、そしてマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督、アル・サッドのシャビ監督などのSNSアカウントをほぼ監視し、否定的なコメントを書き込みしていたとスペインのラジオ局「カデナ・セール」が報じ、騒ぎが大きくなった。

 クラブは「I3ベンチャーズ」の関与を否定し、契約を解除した。メッシ自身も「真実として言えることは、こんなことが起こるのはちょっと奇妙に見えるということだよ」と話すとともに、このようにも触れている。

「アウェー戦から帰ってきた時、会長は公の場で語ったことと同様、つまり記者会見で話した内容と同じことを語った。どんな状況で、何が起こったかということだよ。これ以上は言えないけど……(メッシも含まれる)キャプテンたちに対して、みんなが知っているのと同じことを言っていた」

 メディアを通じても今一つ全容のつかめないSNS上でのスキャンダル。チーム内でもより詳しく説明されていないなかで、バルトメウ会長はどんな舵取りをするのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング