“大分旋風”再現へ…「カタノサッカー」の神髄 東京五輪世代DF「進化を見せたい」

大分トリニータでプレーするDF岩田智輝【写真:高橋学】
大分トリニータでプレーするDF岩田智輝【写真:高橋学】

片野坂監督の下で4年間プレーする岩田智輝、大分のサッカーを解説

 2019シーズンのJ1リーグで一つのトピックスになったのは、昇格組の大分トリニータによる躍進だった。降格候補という前評判を覆して、順位表の上半分となる9位でシーズンを終えた。J3時代からの生え抜きで、片野坂知宏監督のサッカーを4年間にわたってプレーしてきて熟知するDF岩田智輝にその神髄を聞くと、トレーニングからの積み上げによる成果だという点が浮かび上がる。

 昨季の大分はJ2からの昇格組であり、戦力という点では苦しいシーズンになるとの前評判だったが、チャレンジングなポゼッションサッカーを披露。カウンター頼みの引いて守る戦術ではなく、あくまでも主体的にボールを保持するサッカーを心掛けた。岩田もまた「特徴はポゼッション」としたが、その構築にはトレーニングでこだわる部分があると話す。

「まず立ち位置にはすごくこだわります。ボールの受け方や、ボールを受ける位置で相手をはがせるという指導なんです。そして、チームのためにプレーするということを常に言われています。練習に対する姿勢は、一つひとつのプレーにかなりこだわっていくことですね。カタさん(片野坂監督)が言うのは、『練習でやったことしか試合では出せない』ということ。そして、短い時間で集中するメニューが組まれます。居残り練習はOKですが、翌日の練習に響かせないようにすることは言われますね」

 3バックをベースにボールを保持しつつ、相手の穴を突くように攻撃を進めていくベースはトレーニングによって培われている。それに加えて運動量も印象的なチームだっただけに、「1時間ちょっとくらいが多い」という練習時間は意外だったが、岩田は「オールアウトというフィジカルトレーニングのメニューがあって、試合に生きているなと感じるんです」と話し、効率的なトレーニングが行われていることを話した。

 岩田自身のキャリアは、J3時代の大分に加入して1年でJ2へ昇格して2年間プレー。そしてJ1で1年間をプレーしたというもの。クラブの下部組織出身とはいえ、15歳以下から年代別の日本代表に選出されてきた1997年生まれの東京五輪世代であり、キャリアにはいろいろな選択肢もあったはずだ。それでも岩田は「J3からのスタートで、自分にとっては良かったと思う」と話す。

「J3からだからこそ、試合に出させてもらえた面もあると思っているんですね。そういう中で、今の自分にできること、できないことを整理して、そのできないところに追いつきながら次にチャレンジしていくことができたと思います。チームのためにどれだけ貢献して、長所である得点に絡む部分を出していけるか。『その結果として代表は見えてくるぞ』とカタさんにも声をかけてもらっていますし、代表から逆算するというよりも、1日1日をどう大切に過ごしていけるかだと思っています」

【Jリーグ新シーズンが開幕!今だけDAZNが2ヶ月無料!】今シーズンもJリーグを独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング