「どれほど価値ある選手か…」 遠藤航をシュツットガルト幹部が称賛「人間的に素晴らしい」

ミスリンタットSD「ワタルは静かなリーダーと言える」

「全然ポジティブというか。監督からも、『センターバックできるのか?』というのはキャンプの時に言われて。『ずっとやってたし、問題ない』と話していたし、オプションとして持ってもらえればいいと思う。今の監督は後ろを3枚にしたり、4枚にしたり、中盤をアンカー気味にしたり、ダブルボランチにしたりと、いろいろ工夫をしてやっていく戦術を持っているので。僕だけじゃなくて、いろんな選手がいろんなポジションをやることが多いんですけど、それはそれでみんなポジティブにやっているし、今は上手くはまっているというか、みんながみんな自分のやるべきことを理解しながら、ポジションが変わりながらも問題はないと思います」

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 後半開始からは4バックの左センターバック、後半12分からは選手交代の流れからダブルボランチの1枚としてプレーしていた。1試合で3つのポジションをこなし、試合中の変更にもすぐにスッと次の役割に入っていける。当の本人は「別にそこは問題ないです。ずっといろんなポジションをやっているので」と涼しい顔で答えるが、誰にでもできることではない。

「僕はありがたいことに、いろんな監督からいろんなポジションで使ってもらっている経験がある。ある意味、今の監督がいろんなポジションで僕のことを使ってくれることによって、僕のプレーの幅も広がるし。そんなに長くやっていないポジションで急にやっているわけではないので、そういう意味では別にやりにくさはないです」

 そんな遠藤に対して、チームは非常に高い評価をしている。ミスリンタットはプレーヤーとしてだけではなく、人間としての素晴らしさについても言及していた。

「静かで整理されている人間だけど、言うべき時にははっきりとした意見を持っている。英語とジェスチャーでしっかりと伝えるんだ。静かなリーダーと言えるかな。安定感はチームにとって大きな問題だったけど、ワタルはチームに安定をもたらしてくれている。カップ戦後で今日は少し疲れていたはずなのに、今日もいいプレーを見せてくれた。チームの形を構築していくうえで助けになってくれている」

 中心人物としての自覚は、遠藤の中にも生まれてきているようだ。1試合に勝っても満足することはなく、視線はあくまでもブンデスリーガ1部昇格を見据えている。

page1 page2 page3

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド