「どれほど価値ある選手か…」 遠藤航をシュツットガルト幹部が称賛「人間的に素晴らしい」

シュツットガルトMF遠藤航【写真:Getty Images】
シュツットガルトMF遠藤航【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】ミスリンタットSD、ボランチとCBをこなす遠藤の万能性を高く評価

 ホームでアウエに3-0と完勝した後のミックスゾーン。ブンデスリーガ2部シュツットガルトのスポーツディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタットは、地元記者に囲まれながら上機嫌で受け答えしていた。

 リーグ戦のホームゲーム5連勝。今年に入ってからは3試合で勝ち点7を手にしている。今のチームには若手かベテランかに偏ることのない、ちょうど良いハーモニーがある。ミスリンタットも「マリオ(・ゴメス)、(ホルガー・)バトシュトゥバー、(マルチン・)カミンスキ。そうした選手の存在が、チームにどれだけの安心感を与えてくれているか。若手かベテランかではなく、いいミックスの中で雰囲気が作られているんだ」と強調していた。

 そんな話の流れから、地元記者が日本代表MF遠藤航のことを尋ねた。

「ワタルは今日、とてもいいプレーを見せていたと思う。特に後半のプレーは素晴らしかった。ボランチこそ、まさに彼のポジションなのでは?」

 ミスリンタットはその質問に対して満足そうに頷くと、すぐに自分の意見を口にする。

「それだけではなく、センターバックでのプレーにも私は強烈な印象を受けているよ。今日もそうだし、この前のレバークーゼンとのカップ戦でもそうだった。それこそ日本での彼のポジションは、そこなのかもしれないと思うほどだ。ワタルがどれほど価値のある選手かは考えるまでもない。選手として、人間として素晴らしいんだ。彼がウチにいてくれることを嬉しく思うよ。いつでも安定したパフォーマンスを見せてくれるし、チームにとって重要な位置づけにいるんだ。センターバックでプレーしようと、ボランチでプレーしようとそれは変わらない」

 この試合、遠藤は3バックの左センターバックとしてスタメン出場しているが、なんの問題もなく的確なプレーでチームに安定感をもたらしていた。センターバックでのプレーについて、遠藤自身は試合後、次のように語っている。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング