浦和前キャプテン柏木、完全復活へ滲ます充実感 「一番走れていたと思う」

浦和前キャプテン柏木が試合で話し合う様子【写真: 轡田哲朗】
浦和前キャプテン柏木が試合で話し合う様子【写真: 轡田哲朗】

キャプテンの座をGK西川に譲り、充実の合宿を過ごす「100%やることができた」

 浦和レッズのMF柏木陽介は、沖縄県での2次キャンプ最終日に行われたFC琉球とのトレーニングマッチ(45分×4本)に出場。1次キャンプからトータルして約4週間に及んだた準備段階について、「充実していて、個人的にも100%やることができた」と、復活の気配を見せている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 昨季の柏木はキャプテンを務めたが、負傷もありメンバーから外れる時期が長くなった。リーグ戦でもチームが低迷するなかでピッチ内外での悩みを深め、メンタル的にも厳しい状況に落ち込んでしまった。今季はキャプテンをGK西川周作に受け継ぐと、表情にも明るさが戻ってきた。トレーニング中には若手をイジりながらも鼓舞し、試合に入ればアドバイスをしながらゲームを作っていく姿が戻ってきた。

 柏木は「さすがにこれだけ長いと疲れる」と、キャプテンの時期には見られなかった冗談も交えつつ、心身の状態に手ごたえを覗かせた。

「充実していて、個人的にも100%やることができた。特に、走る部分は100%でやろうと心掛けてきて、去年の怪我やメンタルで落ち込んだところから、それ以上のものを出さないといけないという強い気持ちでやれているので。試合に出るかは監督が決めることとして、とにかく出た時にチームを助けられる存在になろうと思ってやっている」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング