電撃移籍の吉田、新天地サンプドリア合流 「ここに来られて嬉しい。準備はできてる」

日本代表DF吉田麻也のサンプドリアでの活躍に期待がかかる【写真:Getty Images】
日本代表DF吉田麻也のサンプドリアでの活躍に期待がかかる【写真:Getty Images】

冬の移籍期限最終日にサウサンプトンから半年間のレンタル移籍が決定

 日本代表DF吉田麻也は、冬の移籍市場最終日にイングランド1部サウサンプトンからイタリア1部サンプドリアへのレンタルが決まった。現地2日にはクラブの医療施設を訪れてメディカルチェックを実施。「ここに来られて嬉しい。準備はできている」と語ったとう。衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 吉田は2009年12月に名古屋グランパスからオランダ1部VVVフェンロへ完全移籍。その後、2012年夏に世界最高峰のリーグの一つであるプレミアリーグのサウサンプトン入りを果たした。これまで7年半、厳しいポジション争いのなかで出場を重ねてきたが、今季はベンチを温める試合が増え、移籍マーケット最終日の1月31日にサンプドリア行きが決まった。

 記事によれば、半年間のレンタル料は20万ユーロ(約2500万円)で、買い取りオプション付きとなる。イタリア入りした吉田は、現地2日午前9時前にジェノバにあるクラブの医療施設を訪問。メディアの前に姿を現した際、第一声で「ここに来られて嬉しい。メディカルチェックが終わった。準備はできている」と話し、ボリアスコに移動して新しいチームメイトやスタッフと対面したという。吉田は3日に別メニューで練習を行う予定となっている。

 サンプドリアにとって吉田は、2003-04シーズンに在籍した元日本代表FW柳沢敦に続いてクラブ史上2人目の日本人選手。チームは降格圏目前の16位(5勝5分11敗)と苦しんでいるだけに、吉田には33失点の守備を立て直す役割が求められることになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング