ペップも落胆…シティMFシルバ、好機での衝撃バックパスに反響「何やってるんだ!?」

マンチェスター・シティのMFダビド・シルバ(左)とジョゼップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティのMFダビド・シルバ(左)とジョゼップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】

1点ビハインドのなか、ゴール前でのチャンスでシュートを打たずにパスを選択

 マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバは、現地時間29日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとのカラバオカップ(リーグカップ)準決勝第2戦に途中出場。1点ビハインドのなかでゴール前でのチャンスを迎えたが、シュートではなくバックパスを選択し、海外メディアは「何やってるんだ!?」と糾弾している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 3-4-2-1システムで臨んだシティは序盤に攻めるも相手GKダビド・デ・ヘアの牙城を崩せず。逆に前半35分、ユナイテッドのブラジル代表MFフレッジが蹴り込んだFKのこぼれ球をセルビア代表MFネマニャ・マティッチに押し込まれて先制を許してしまった。

 2戦合計スコア3-2となり、白熱した展開となるなか、後半31分にカウンターを止めようとしたユナイテッドMFマティッチが2枚目のイエローカードを受けて退場。数的優位に立ったシティは同39分にベルギー代表MFデ・ブライネを中心とした攻撃からスルーパスに抜け出したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが流し込むも、オフサイドで得点は認められなかった。

 結局、シティは第2戦こそ0-1で落としたものの、2戦合計スコアでは3-2で逃げ切り、決勝進出。大会3連覇へ向けて王手をかけた。

 一方で、海外メディアがフォーカスしているのは後半28分の場面だ。シティはアグエロがプレスをかけて相手のパスを引っかけ、こぼれ球はペナルティーエリア内正面のD・シルバの元へ。しかし、D・シルバはシュートを放たず、右斜め後方のMFイルカイ・ギュンドアンへのバックパスを選択。ドイツ代表MFが相手DFハリー・マグワイアにボールを奪われ、チャンスをフイにする形となった。

 好調の相手GKデ・ヘアがゴール正面で待ち構え、右側からマーカーがカバーにきていた状況とはいえ、D・シルバがシュートを選択しなかったことに海外メディアは驚きを示している。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」のフットボール専門ツイッターは、「ダビド・シルバ、何やってるんだ!?」と糾弾。「シルバがシュートよりもパスという不可解な決断」と指摘している。

 また、「スカイ・スポーツ」監修の番組「Soccer AM」公式ツイッターも、「映像を見続けているが、なぜダビド・シルバがパスをする決断をしたのか理解できない」と言及。オランダのサッカー専門サイト「VoetbalPrimeur」は、「スペインのプレーメーカーはデ・ヘアと目が合っているが、非常に無欲だ」と伝えている。

 チャンスを逃した直後にはジョゼップ・グアルディオラ監督も思わず頭を抱えて失望感を露わにしており、D・シルバにとってはチームが決勝に駒を進めたことで救われたと言ってもいいかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング