英発表「世界最高の右SBトップ10」 1位は132億円超、ベテランや移籍組もランクイン

(左から)アレクサンダー=アーノルド、ペレイラ、ハキミ、ウォーカー、カルバハル【写真:Getty Images】
(左から)アレクサンダー=アーノルド、ペレイラ、ハキミ、ウォーカー、カルバハル【写真:Getty Images】

プレミアリーグ勢がランキングを占め、リバプールDFアーノルドが堂々1位

 元ドイツ代表DFフィリップ・ラームや元アルゼンチン代表DFハビエル・サネッティ、元ブラジル代表DFカフーなど、これまで世界を席巻してきた右サイドバックの系譜を継ぐのは誰か。英メディア「スポーツバイブル」は「世界で最も価値のある右サイドバックTOP10」を発表。1位にはリバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが輝いた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ドイツ移籍情報専門サイト「transfermarkt」の情報を基に選定し、欧州のトップリーグで活躍する選手たちが名を連ねたなか、6位以下で注目したいのは10位に入ったライプツィヒのドイツ代表DFルーカス・クロスターマンだ。23歳のドイツ人サイドバックは、世界的にはまだ有名とは言えないものの、現在ブンデスリーガで首位に立つライプツィヒでリーグタイトルを獲得することになれば、3500万ユーロ(約42億900万円)の価値をさらに上げることになるだろう。

 その他にはプレミアリーグ勢がランキングを占めている。レスター・シティのポルトガル代表DFリカルド・ペレイラが9位、アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリンが7位、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカが6位、マンチェスター・シティのイングランド代表DFカイル・ウォーカーが4位に入っている。

 3位にはレアル・マドリードで長年にわたって右サイドバックを支えているスペイン代表DFダニエル・カルバハルがランクイン。2位には昨夏にユベントスから3000万ユーロ(約36億円)でシティへと加入したポルトガル代表DFジョアン・カンセロが市場価値5000万ユーロ(約60億1400万円)で2位に入った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ