本田圭佑、新クラブ立ち上げへの“指摘”に反応 「それは恐ろしい。なので…」

新クラブ「One Tokyo」の立ち上げを発表した本田圭佑【写真:AP】
新クラブ「One Tokyo」の立ち上げを発表した本田圭佑【写真:AP】

東京都4部リーグの規定を受けて「審判やりたい方を募集します!」とツイート

 元日本代表MF本田圭佑は14日、自身の公式ツイッターで新たなクラブ「One Tokyo」の立ち上げを発表した。様々な反響が寄せられるなか、とある意見に対して「それは恐ろしい」と反応し、新たに“人材募集”をかけている。

 昨季限りでオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーを退団した本田は、しばらく無所属の状態が続くも、昨年11月にかつてプレーしたオランダリーグに復帰。フィテッセでリーグ戦4試合に出場したが、本田獲得に動いたレオニード・スルツキー監督の辞任により出番が減った。そして12月中旬、後を追うようにフィテッセを退団。再び無所属選手となり、今後の去就が注目されている。

 14日には自身の公式ツイッターで「2020年、本田圭佑、サッカークラブをみんなと一緒に創り上げるためゼロから立ち上げます」と宣言して「One Tokyo」の立ち上げを公表。1月24日にトライアウトを実施することも発表されている。

 この動きに対して、SNS上では「#本田圭佑に都リーグの恐ろしさを教える」というハッシュタグで、「One Tokyo」の参戦が予定される東京都社会人サッカーリーグ4部の実情が語られていた。そこで指摘されていたことの一つが、同リーグではチームから審判を出さなければならないという点。これに本田が反応し、「これは恐ろしい。なので審判やりたい方を募集します!」とツイートしている。

 実際に「東京都社会人サッカーリーグ 2019年度4部運営細則」では第5条3項で「参加チームは、必ず常時10名以上の審判員を保有し、その内1名以上はS3級以上の資格者としなければならない」と規定。また、第15条2項では「審判担当チームは、主審、およびその他の審判員の4名を用意しなければならない。主審、副審の代替が必要となった場合、第4の審判員を本部に報告し交替する。第4の審判員がいない場合は試合を中止しなければならない」とも明記されている。

 まさに“ゼロ”からのチャレンジに臨むなか、ハッシュタグ内の数あるツイートから情報をすくい上げ、即座に反応した本田。新たなプロジェクトに向けて、意欲的に準備を進めているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング