「横にイケメン」 松井大輔、“アテネ五輪世代”2ショット投稿「応援してるよ」

横浜FCの元日本代表MF松井大輔がアテネ五輪世代のメンバーと2ショット【写真:高橋学】
横浜FCの元日本代表MF松井大輔がアテネ五輪世代のメンバーと2ショット【写真:高橋学】

同世代の田中隼磨とビーチサイドのカフェで会食

 横浜FCの元日本代表MF松井大輔が10日、自身の公式インスタグラムを更新。同じアテネ五輪世代で、年代別代表で共闘してきた松本山雅FCの元日本代表DF田中隼磨との2ショット写真などを投稿すると、ファンからは「かっこ良過ぎてヤバイ!!」など反響を呼んでいる。

 松井は昨季、在籍2シーズン目を迎えた横浜FCでリベロやボランチを務めるなど、主力としてJ2リーグ24試合2得点をマーク。チームの13年ぶりのJ1昇格に貢献した。チームの方針により、在籍選手の契約更新は1月13日の新体制発表のメンバー公開で明らかとなるが、松井自身3年ぶりとなるJ1でのプレーが期待される。

 そうしたなか、松井は公式インスタグラムに「田中とカフェ」と綴りオフショットを投稿。ビーチサイドにあるカフェで、年代別代表で共闘してきた田中と食事をした際の2ショット写真などを公開している。松井は「#横にイケメン」「#カッコつけたいおやじ」「#カッコつけたい年頃」といったハッシュタグを添えており、仲の良さが窺える。また同日、今季J2に降格した松本が田中との契約更新を発表しており、「#来年j1に」「#応援してるよ」とエールも送っている。

 これを受けてコメント欄では、ファンから「お2人とも大好きですー」「かっこ良過ぎてヤバイ!!」「ずっと ステキ」などの声が上がっていた。1981年生まれで38歳の松井と、82年生まれで37歳の田中。所属クラブの昇降格により、今季戦うカテゴリーは異なるものの、2021年にJ1の舞台で再び戦うことを誓い合ったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング