「並外れたセーブだ!」 U-23代表GK大迫の超絶プレーに海外驚愕「指先で弾き出した」

U-23日本代表GK大迫敬介【写真:浦正弘】
U-23日本代表GK大迫敬介【写真:浦正弘】

大迫がサウジアラビア戦で圧巻セービング 「デフレクションしたが…」

 U-23日本代表は現地時間9日、東京五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権の初戦でサウジアラビア代表と対戦し、1-2で敗れた。前半は決定機を演出されるシーンが続いたなか、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)が見せた超絶セービングに海外メディアも驚きを示している。

 3-4-2-1システムで臨んだ日本は、序盤からサウジアラビアに押し込まれる展開に。前半9分に自陣ペナルティーエリア右でのカットインから鋭いシュートに見舞われるが、大迫が見事なセーブで弾き出して難を逃れた。

 さらに同29分、自陣ペナルティーエリア手前で2人のDFを振り切られるフェイントから強烈な右足の一撃を放たれるも、またも大迫が驚異的なファインセーブでチームを救った。

 衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は日本の守護神のパフォーマンスについて「大迫から並外れたセーブだ! カーブショットはデフレクションしたが、大迫は指先でゴール上へとはじき出した」と称賛の言葉を送っている。結果的に2失点を喫して敗戦となったものの、難敵サウジアラビアを相手に大迫が披露したプレーは海外メディアも驚かせているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング