超絶セーブ連発のGK大迫、2失点黒星に悔しさ露わ 「そういうGKを理想にしている」

U-23日本代表GK大迫敬介【写真:Getty Images】
U-23日本代表GK大迫敬介【写真:Getty Images】

ビッグセーブで窮地を救い続けた大迫 「ゼロで耐えれば今日のようにFWは点を取ってくれる」

 U-23日本代表は現地時間9日、東京五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権の初戦でサウジアラビア代表と対戦し、1-2で敗れた。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)は幾度もビッグセーブで危機を救ったが、最終的に2失点を喫しての黒星に反省の弁を述べている。

 3-4-2-1システムで臨んだ日本は、序盤からサウジアラビアに押し込まれる展開に。そんななかで際立った存在感を示したのが守護神の大迫だった。前半9分に自陣ペナルティーエリア右でのカットインから鋭いシュートに見舞われるが、大迫が見事なセーブで弾き出して難を逃れた。

 さらに同29分、自陣ペナルティーエリア手前で2人のDFが振り切られるフェイントから強烈な右足の一撃を放たれるも、またも大迫が驚異的なファインセーブでチームを救った。しかし、最終的には2失点を喫し、黒星スタートに。試合後、大迫は「試合前からスタートの試合が大事なるとチームで理解していたが、大事な試合を落として悔しい」と振り返った。

「前半はチームとして何とか辛抱したのに、後半の立ち上がりと最後の時間帯に失点したのは反省しなければいけないし、次につなげないといけない。自分の感覚は良かったし、だからこそこういうゲームに関して、自分を中心に守ってFWが最後に点を取る展開にしないといけない。自分としてもそういうGKを理想にしているので」

 反省の弁を口にした大迫は「まずは2失点しているので、GKとしてはそこをゼロにすること。耐えれば今日のようにFWは点を取ってくれる」と強調し、「まだ終わっていないので次の試合も来るので、反省をしてそれを生かしてグループリーグ突破を決められるようにやっていきたい」と前を向いた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」