U-23日本代表、終盤の失点で黒星発進 PKで決勝点献上…サウジに1-2で敗れる

U-23代表MF食野亮太郎【写真:Getty Images】
U-23代表MF食野亮太郎【写真:Getty Images】

一度はMF食野亮太郎が同点弾を奪うものの、試合終盤にPKを決められて敗戦

 東京五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権がタイで開催され、日本代表は現地時間9日にサウジアラビアとの初戦に臨み、先制を許すとMF食野亮太郎が同点ゴールを決めたが、試合終盤にPKで決勝点を奪われ1-2で敗れた。

 今大会はJリーグ所属の選手にとってはオフ明けにあたるタイミング。この日のスタメンには、海外組として唯一選出のMF食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)が起用された。森保一監督は、3-4-2-1システムを採用して大会初戦に入った。

 立ち上がりからサウジアラビアの鋭い攻撃を受けた日本だったが、GK大迫敬介がファインセーブで救った。次第にペースを握るようになった日本は、前半24分には食野が左サイドからキレのあるドリブルでカットインしてシュートを放つ場面を作ったが、ゴールとはならなかった。

 逆に同29分にはサウジアラビアのMFガリブにカットインからの強烈なシュートを許したが、再び大迫がファインセーブ。一方で日本も同37分にMF旗手怜央が最終ラインの背後を取ってGKと1対1になったが、際どいオフサイドの判定。両者ともにチャンスを生かし切れなかった前半は0-0で終了し、後半勝負となった。

 試合が動いたのは後半立ち上がりの3分だった。日本はサウジアラビアのゴールキックからビルドアップを許すと自陣に侵入され、ガリブのドリブルをフォローしたMFアル・フライフに右足で蹴り込まれて先制点を許した。

 日本も直後の同5分に旗手が右サイドからドリブルで切り込むと、インサイドに入り込んだMF橋岡大樹へパス。橋岡は左足でシュートを狙ったものの、相手DFのブロックで弾かれた。直後の同7分にもコーナーキックのこぼれ球を橋岡が狙ったが、ゴール内をカバーしていた相手DFにクリアされてチャンスを生かせなかった。

 それでも日本は同11分、左45度付近でボールを受けた食野が強気にインサイドへカットインして右足のミドルシュート。これが相手DFに当たってコースが変わるとGKの動きの逆を突き、1-1の同点ゴールになった。

 決勝点を争う展開に、森保監督は同27分にFW小川航基に代えてFW上田綺世を投入した。その中で同40分に日本はカウンターを受け、ペナルティーエリア内で大迫と相手FWが交錯し一度はPKの判定。ここでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言でオンフィールド・レビューが行われ、相手を追走してきたDF岡崎慎のファウルが認められて判定は変わらず。これをガリブに蹴り込まれ、同43分の決勝ゴールとなって日本は1-2で初戦を落とした。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング