「普通の高校生」が選手権4強に辿り着いた要因 矢板中央を輝かせた“秘密兵器”とは?

謙遜する高橋監督 「ある意味、高校サッカーらしい選手たちだと思います」

 選手同士で対戦相手のストロングポイントを確認し、そこを抑える。高橋監督は「周りから見ると(サッカーが)シンプルすぎてつまらないかもしれませんが……」と謙遜していたが、むしろその努力のプロセスを誇ってもいいのでは、とも思うほどだ。

 年末年始のスポーツでテクノロジーの進化として話題になったのは、箱根駅伝の“厚底シューズ”旋風だ。もちろん矢板中央の分析アプリはプレー中に使用するギアというわけではないが、年代別代表の経験が特にあるわけではない選手たちが自発的に分析し、勝利への活路を見出そうとしているのは興味深い。

 高橋監督は「普通の高校生でも頑張ればここ(準決勝)に来れるんだよ、というのを示してくれましたね。ある意味、高校サッカーらしい選手たちだと思います」と嬉しそうに語っていた。

 自分たちなりの工夫がハマれば、選手権でも輝ける――。矢板中央の躍進は、図抜けた個の力を持たない数多くの高校にとっても、一つのヒントになるかもしれない。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング