静岡学園“10番”松村、想定内の徹底マーク 鹿島内定MFに漂い始めた予感「次は点を狙っている」

静岡学園は盤石の戦いぶりを見せる【写真:Football ZONE web】
静岡学園は盤石の戦いぶりを見せる【写真:Football ZONE web】

3戦フル出場もいまだ無得点 「他の選手が決めて悔しいとかは全然思っていないです」

 第98回全国高校サッカー選手権は3日に3回戦が行なわれ、前回王者の青森山田(青森)らベスト8が出揃った。5年ぶりの出場で準々決勝に進んだのが“サッカー王国”静岡の雄、静岡学園だ。3試合で11得点0失点と盤石の戦いぶりを見せて勝ち進んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 そのなかで一際注目を集める存在が、J1鹿島アントラーズ入りが内定している10番のMF松村優太だ。抜群のスピードを生かした鋭いドリブルが持ち味で、今大会の主役候補の一人。ここまで3試合先発フル出場を続けているが、いまだゴールはない。2回戦の丸岡戦(3-0)では1アシストを記録しているが、ここまでは対戦相手のマークに苦しめられている。

 1回戦の岡山学芸館戦(6-0)ではMF井堀二昭がハットトリック。MF小山尚紀は3試合連続ゴールで通算4得点とチームメートが躍動しているが、本人は“3試合0得点”の結果も全く意に介していない様子だ。

「他の選手が決めて悔しいとかは全然思っていないです。サッカーはチームスポーツなので、チームが勝つことが一番大事。いずれ自分にもシュートチャンスが回ってくると思うので。昨日今日とシュートは全然打てていないですけど……それはまあ仕方ないですね」

 淡々と語るその表情に、焦りの色は全く感じられなかった。静岡学園を率いる川口修監督が「相手は松村のところに対策を立てて集中して守ってくる。そこで違う選手が点を取るというのが今年のスタイル」と語っている通りの試合展開が続いており、徹底した松村封じはまさに“想定内”だ。

「まだ目に見える結果がないですけど、県予選の時も準決勝までは点を取ってなかったですし、特段焦っているわけではないです。まだベスト8なので、次の試合は点を狙っています。そろそろ取りたいです」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング