「神懸っていて…」 丸岡監督も驚嘆、大ピンチから逆転勝利「あんなにハマるとは」

丸岡高校の小阪康弘監督【写真:Football ZONE web】
丸岡高校の小阪康弘監督【写真:Football ZONE web】

長崎総科大付に3-2で競り勝った丸岡、小阪監督が吐露「僕もびっくり」

 福井の強豪・丸岡は31日、第98回全国高校サッカー選手権の1回戦で長崎の長崎総科大付に3-2で競り勝ち、2回戦へと駒を進めた。チームを率いる小阪康弘監督は「神懸っていて、僕もびっくりしています」と激闘を振り返った。

 試合会場となった駒沢陸上競技場では、第1試合の静岡学園対岡山学芸館戦とは打って変わり、強風が吹き荒れるなかでの一戦となった。そうしたなかで前半8分、丸岡は2年生のDF河上英瑞がバウンドしたボールの処理を誤った隙を突かれ、MF千葉翼に先制ゴールを奪われた。

 前半36分に河上のゴールで追いついた丸岡だったが、後半28分にはセットプレーから失点し、絶体絶命のピンチに追い込まれた。しかし、サッカーの神様は丸岡を見捨ててはいなかったようだ。

 後半36分にセンターバックからFWへとポジションを移した河上のパスからFW田海寧生が決めて同点に追いつくと、その3分後には再び河上がゴールを決めて逆転。河上が自身のミスを巻き返す2ゴール1アシストの活躍を見せ、昨年ベスト16の丸岡が今年も1回戦を突破した。

「(長崎総科大付が)うちのストロングポイントをきちっと抑えてくることは分かっていたので、どうやて点を取ろうかとずっと考えていました」

 こう語ったのは丸岡の小阪監督だ。1年生時はFWだったDFの河上を後半から前線に上げてパワープレイを仕掛ける戦略が見事にハマった形だが、「あんなに上手くハマるとは思ってはいませんでした」というのが本音だったようだ。

「前半に河上のミスで1点取られて、後半は向かい風になって1-1で折り返したのは嫌だなと思っていたんですが、本当に神懸っていて……あんな展開になって僕もびっくりしています」

 スタジアムに吹く強風を跳ね返し、劇的な勝利を掴んだことに指揮官も驚きを隠せないようだ。静岡の強豪、静岡学園と激突する2回戦でもその粘り強さで勝利を掴み取ることができるだろうか。

(石川 遼 / Ryo Ishikawa)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング