丸岡、DF河上の決勝弾で逆転勝利! 名将・小嶺監督率いる長崎総合科大付は1回戦敗退

2回戦進出を決めた丸岡高校の先発メンバー【写真:Football ZONE web】
2回戦進出を決めた丸岡高校の先発メンバー【写真:Football ZONE web】

丸岡はDF河上が2ゴール、FW田海が1ゴールと活躍 長崎総科大付はリードを守り切れず

 強烈な向かい風をものともせずに掴んだ勝利だった。第98回全国高校サッカー選手権は31日に1回戦が行なわれ、駒沢陸上競技場で行われた第2試合で丸岡(福井)が長崎総科大付(長崎)に3-2で競り勝ち、2回戦進出を決めた。

 試合は前半8分に長崎総科大付がFW千葉翼、丸岡は同36分にDF河上英瑞が得点を決める一進一退の展開となった。

 この試合では、第1試合にはなかった冷たく強い風がメインスタンドに向かって左から右へと吹き荒れた。後半に風下に立った丸岡はバックパスを受けたGKのキックが風で押し戻され、ピンチを招くほど。そして、文字通り追い風を背に受けた長崎総科大付は後半28分、CKからMF別府史雅がヘディングで合わせて、勝ち越しゴールを決めた。

 しかし、丸岡はこの逆境を跳ね返してみせた。後半36分にFW田海寧生がGKとの1対1を沈めて再び同点に追いつくと、さらに同39分には河上がこの日2点目を決めて3-2と逆転に成功した。

 長崎総科大付は後半アディショナルタイムにCKのチャンスを得て、GKもゴール前まで攻め上がる猛攻を見せたが、ゴールは奪えず。丸岡が劇的な展開で接戦を制した。高校サッカー界の名将・小嶺忠敏監督率いる長崎総合科大付は1回戦敗退となった。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング