11年ぶり出場の筑陽学園、“弾丸CK”から決勝弾 イチローの母校・愛工大名電に1-0勝利

愛工大名電に1-0で競り勝った筑陽学園の選手たち(※写真は入場行進時のものです)【写真:Football ZONE web】
愛工大名電に1-0で競り勝った筑陽学園の選手たち(※写真は入場行進時のものです)【写真:Football ZONE web】

CKからスタメン唯一の2年生FW岩崎がヘディングで合わせて決勝ゴール

 第98回全国高校サッカー選手権は31日に各地で1回戦が行われ、埼玉県のNACK5スタジアムでは11年ぶり出場の筑陽学園(福岡)が初出場の愛工大名電(愛知)に1-0で競り勝った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 筑陽学園は全国大会の常連で優勝経験もある東福岡を県大会で破ってこの舞台に進出。愛工大名電は日本野球界のレジェンド、イチローの母校としても知られ野球のイメージが強かったが、サッカー部は初の選手権出場になった。

 序盤は愛工大名電が筑陽学園のゴールに迫る場面を作ったが、そこで決定機を作ることができずに時間が進むと試合は次第に筑陽学園のペースに。そして前半のラストプレーとなったアディショナルタイム3分、筑陽学園はMF藤隆成がストレート系の“弾丸コーナーキック”をゴール前に入れると、スタメン唯一の2年生FW岩崎巧がヘディングで合わせて先制ゴールを奪った。

 後半に入ると双方ともに相手の最終ラインを崩すことができずに試合は膠着。ロングボールの応酬となった感のあるゲームで、両チームのセンターバックが強さを発揮するゲーム展開になった。

 愛工大名電は試合終了間際にロングボールのこぼれ球に途中出場のFW林田圭志朗が反応してゴール前でシュートを放つチャンスを迎えたが、ボールはわずかに枠外に飛んで同点ゴールとはならず。筑陽学園がセットプレーの1ゴールを守り切って勝利を収めた。筑陽学園は年明け2日の2回戦で草津東(滋賀)と対戦する。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」