選手権史上初の開幕戦“ダブルハットトリック” 8-0圧勝の國學院久我山が快挙達成

國學院久我山高校のFW山本航生(左)とFW山下貴之【写真:Football ZONE web】
國學院久我山高校のFW山本航生(左)とFW山下貴之【写真:Football ZONE web】

國學院久我山が前原を撃破し、2回戦に進出

 第98回全国高校サッカー選手権は30日、國學院久我山(東京B)と前原(沖縄)の開幕戦が行われ、國學院久我山が8-0の圧勝。FW山下貴之(3年)とFW山本航生(3年)が開幕戦で史上初の2人同時にハットトリックを達成した。

 関東大会予選、高校総体予選、東京都リーグ1部、選手権予選を制した國學院久我山は、注目の集まる開幕戦でも持ち前の圧倒的な攻撃力を見せつけた。前半6分、11分と山下が鋭いシュートでゴールを奪うと、山本が強烈なヘディング弾を叩き込んで前半を3点リードで折り返した。

 後半も勢いの衰えない國學院久我山は、山下が後半12分にハットトリックを達成すると、同21分に山本が追加点。同25分にFW戸坂隼人(3年)、同26分にDF河原大輔(3年)がネットを揺らし、同30分には山本が押し込んでこの日2人目のハットトリックを記録した。

 開幕戦での2人同時にハットトリックは大会史上初の快挙であり、8ゴールと圧倒的な破壊力を誇示して2回戦へと駒を進めた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング