アフリカ年間最優秀選手の最終候補3人発表 リバプールからサラーら2人がノミネート

(左から)アフリカ年間最優秀選手賞の最終候補3人にノミネートされたマネ、サラー、マフレズ【写真:Getty Images】
(左から)アフリカ年間最優秀選手賞の最終候補3人にノミネートされたマネ、サラー、マフレズ【写真:Getty Images】

サラー、マフレズ、マネの3人が最終候補に 1月7日に年間最優秀選手賞が発表予定

 アフリカサッカー連盟(CAF)は22日、2019年のアフリカ年間最優秀選手賞の最終候補3人を発表。2年連続で同賞を受賞しているリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーのほか、マンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネがノミネートされた。

 CAFは1月7日に行われるCAFアウォーズ2019で表彰される各賞の最終候補者を発表。男子の年間最優秀選手賞には、2年連続受賞中のサラー、3年前に受賞経験のあるマフレズ、そしてサラーと同様にUEFAチャンピオンズリーグ制覇に貢献したマネが選ばれた。

 その他にも年間最優秀若手選手賞の候補には、ドルトムントで活躍するモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21歳)、ビジャレアルのナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ(20歳)、リールのナイジェリア代表FWヴィクター・オシムヘン(20歳)が残った。

 年間最優秀監督賞には、セネガル代表のアリウ・シセ監督、アルジェリア代表のジャメル・ベルマディ監督、クラブワールドカップに出場したエスペランスのモワンヌ・シャーバニ監督が最終候補の3人のノミネート。そして年間最優秀ナショナルチームには、今夏に開催されたアフリカネーションズカップで優勝したアルジェリア代表、準優勝だったセネガル代表、本大会に初出場でベスト8まで勝ち進んだマダガスカル代表の3チームが選出された。

 それぞれの最優秀賞は1月7日に開催されるCAFアウォーズ2019で発表されることになっており、女子の年間最優秀選手賞や女子の年間最優秀監督賞なども併せて表彰される。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング