C・ロナウド、2.56mの”超人ヘディング弾”が反響拡大 「科学でさえ説明できない!」

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

NBA選手の平均よりも高く飛び、5Gの重力がかかるなかで圧巻のプレーを披露

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間18日に行われたセリエA第17節サンプドリア戦(2-1)の前半45分に、驚異的なジャンプ力とボディバランスを生かしたヘディングシュートを決めて世界を驚かせた。トルコ紙「ハバールテュルク」は「科学でさえロナウドの跳躍を説明できない!」と伝えるなど、今なお反響は拡大している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ロナウドが驚異の身体能力を見せたのは、1-1で迎えた前半45分だった。左サイドのDFアレックス・サンドロのクロスに対してファーサイドに走り込んだロナウドは、マークについた相手DFよりも先に飛び上がると、まるで宙に浮いているような滞空時間の長さで空中戦を制し、高い打点のヘディングシュートを叩き込んだ。

 敵将のクラウディオ・ラニエリ監督が、「ロナウドはNBAで見るようなプレーをした。彼は1時間半も宙に浮いていた」と称賛したヘディング弾は話題を呼び、英紙「デイリー・メール」は滞空時間が1.5秒、ロナウドの最高到達点は2.56メートルだったと伝えていた。

 トルコ紙「ハバールテュルク」は、「科学でさえロナウドの跳躍を説明できない!」との見出しで特集。イングランドの名門教育系大「チチェスター大」のニール・スミス氏の論文を紹介している。

 記事によれば、ロナウドの78センチに到達するランニングジャンプは、世界最高峰のバスケットボールリーグであるNBA選手の平均よりも7センチ高いという。そのうえで、スミス氏は「膝を曲げながらジャンプし、腰下を曲げることで降下スピードを遅らせている」と主張している。

 ロナウドには5Gの負荷がかかるが、これは宇宙飛行士がロケット打ち上げ時に感じるものに近いという。宙に浮く状態を保つのは腹筋が鍵を握るが、驚異のシックスパックの持ち主として知られるロナウドにとっては圧巻の跳躍も朝飯前なのかもしれない。

 34歳となったロナウドの進化はまだまだ続きそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も