「カンフー・パンダを思わせる」 中国代表DFの“飛び蹴り”…日本MF被害に波紋拡大

中国代表DFジャン・ジーポンが行ったラフプレーへの反響が止まらない【写真:Getty Images】
中国代表DFジャン・ジーポンが行ったラフプレーへの反響が止まらない【写真:Getty Images】

MF橋岡の後頭部をキック、危険プレーに海外メディアも「恐ろしいファウル」

 森保一監督率いる日本代表は10日、韓国・釜山で開幕したE-1選手権の初戦で中国と対戦し、2-1で白星スタートを切った。A代表デビューのMF橋岡大樹(浦和レッズ)が中国代表DFジャン・ジーポンから飛び蹴りのラフプレーに遭って波紋が広がっているなか、数日経っても反響は止まず、海外メディアは「『カンフー・パンダ』を思わせた」と伝えている。

 今大会の日本は国内組で構成され、23人中14人が22歳以下の東京五輪世代というフレッシュな顔ぶれとなった。中国戦では3-4-2-1システムを採用し、序盤は苦戦。それでも前半29分、FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)が先制ゴールを奪うと、後半25分にはDF三浦弦太(ガンバ大阪)が追加点を挙げた。終盤に1点を返されたものの、2-1で逃げ切って勝利を手にした。

 結果とともに注目を集めたのが、中国代表DFのファウルだ。前半31分、右サイドでロングボールを受けようとした橋岡に対して、中国代表DFジャン・ジーポンが左足を上げて対応。しかし、その足が橋岡の頭部を直撃する危険なプレーにより主審が笛を吹き、イエローカードが提示された。

 このプレーは海外でも脚光を浴びたが、その反響は拡大し続けている。衛星放送「ユーロ・スポーツ」ロシア版は「中国代表の選手が日本人選手の頭部に打ち込み、映画『カンフー・パンダ』を思わせた」と指摘。主人公であるパンダの子がカンフーの達人となり、悪に立ち向かうという「カンフー・パンダ」は世界中で大ヒットしたが、そんな主人公と中国選手とを重ね合わせている。

 記事では「恐ろしいファウル」と表現。あわや大怪我というシーンだったが、幸いにも大事には至らず、橋岡はプレーに戻った。それでも、その危険さを訴えるように「そのようなファウルでも――単にイエローカード?」と疑問を投げかけている。

 森保ジャパンは14日に香港、18日に最終戦で韓国と対戦するなか、3連勝で13年以来3大会ぶりに優勝を飾ることができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」