日本代表、華麗パスワークから鈴木武蔵が代表初ゴール! “デビュー戦”の森島司がアシスト

A代表初ゴールのFW鈴木武蔵【写真:高橋学】
A代表初ゴールのFW鈴木武蔵【写真:高橋学】

E-1選手権の初戦で中国と対戦 前半29分に森島→鈴木のラインで先制点奪取

 森保一監督率いる日本代表は10日、韓国・釜山で開催されているE-1選手権の初戦で中国と対戦。前半29分、華麗な連係から最後はFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)の代表初ゴールで先制点を奪取している。

 日本はこの試合で3-4-2-1システムを採用し、シャドーにはMF森島司(サンフレッチェ広島)と鈴木を起用。その2人のコンビネーションから、先制点が生まれた。

 左サイドの高い位置でボールを保持した日本は、3人が良い距離感で絡むパスワークから、森島が中国の守備網を突破。間髪入れずに中央へラストパスを供給すると、鈴木がワンタッチで沈めてゴールネットを揺らした。

 鈴木はこれが出場6試合目でA代表初ゴール。華麗なコンビネーションをフィニッシュにつなげた日本が、前半のうちにリードを奪うことに成功している。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング