バルサB安部裕葵、“パワフル弾丸ヘッド”に栄誉 下部組織「週間TOP5ゴール」に選出

バルサBのMF安部【写真:Getty Images】
バルサBのMF安部【写真:Getty Images】

リェイダ戦で“12センチ”の身長差を競り勝ち2戦連続ゴール

 バルセロナBに所属する日本代表MF安部裕葵は、現地時間23日に行われたスペイン3部グループ3第14節リェイダとのアウェーゲームで、2試合連続ゴールを決めた。この一撃が下部組織の「週間TOP5ゴール」に選出されたと、バルサB公式ツイッターが動画付きで伝えている。

 リェイダ戦でのバルサBは、押し気味に試合を進めたものの、前半38分に先制ゴールを許す展開に。この状況でチームを救ったのが安部だ。同44分、敵陣左サイドでスローインを受けたFWアキエメからのクロスに対して、タイミング良く走り込んだ安部が頭で合わせる。安部にとっては珍しいヘディングシュートでの同点弾、そして自身にとって公式戦2試合連続ゴールとなった。

 身長171センチとサッカー選手としては小柄な日本人アタッカーが、自身よりも12センチ高い身長183センチのリェイダMFルソの背後から飛び込んで決めた、打点の高いヘディング弾。GKの横っ飛びも寄せ付けないスピードと力強さを兼ね備えた一撃を、英メディア「Dugout」は「アベのパワフル弾丸ヘッド」と称賛していた。

 そしてこのゴールは、バルサ下部組織ラ・マシアの「週間TOP5ゴール」で堂々の2位に選出。現地での評価を着実に高めている安部の、さらなる活躍に期待は高まるばかりだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング