「無慈悲な8ゴールで大暴れ」 柏FWの圧巻ゴールショーに海外驚愕「超常現象を起こした」

柏FWオルンガ【写真:Getty Images】
柏FWオルンガ【写真:Getty Images】

柏のエースFWオルンガが最終節で8ゴール チームもJリーグ最多13得点を記録

 柏レイソルは24日、J2リーグ最終節で京都サンガF.C.と対戦し、13-1と歴史的な大勝を収めた。ラストゲームで圧巻のゴールショーの主役となったのは、8ゴールをあげたFWオルンガだったが、海外メディアも「無慈悲な8ゴールで大暴れ」「超常現象を引き起こした」と大々的に取り上げている。

 前節でJ2優勝とJ1復帰を決めていた柏は、本拠地で京都を迎え撃ったが、最終節で待っていたのはJリーグの歴史に残る圧巻のゴールラッシュだった。前半6分と23分にオルンガが得点を重ねると、同27分にはMF瀬川祐輔が追加点。さらに、同33分にオルンガがゴールを決め、早々にハットトリックを達成した。

 しかし、ケニア代表FWの勢いはこれだけにとどまらなかった。後半12分にオルンガが再びネットを揺らし4得点目。その後スコアを積み上げて6-1で迎えた後半20分、そして22分、さらには33分にもゴールを奪い、極めつけは同アディショナルタイムに13点目となる一撃を決め、ゴールショーを締め括った。

 この日、Jリーグ歴代最多記録となる1試合8ゴールを決めたオルンガに、海外メディアも反応。アフリカメディア「futaa」は「オルンガが無慈悲な8ゴールで大暴れ」と見出しを打って報じ、「オルンガはクラブと代表で超常現象を引き起こした」と伝えている。オルンガが披露したゴールラッシュは、世界にも驚きを与えているようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング