「まさに達人」 ドイツ代表MFクロース、鮮やかターンの一撃に称賛 「なんてコントロールだ」

ドイツ代表MFトニ・クロース【写真:Getty Images】
ドイツ代表MFトニ・クロース【写真:Getty Images】

EURO本大会出場を決めたベラルーシ戦で決めた4点目に脚光

 ドイツ代表は現地時間16日、欧州選手権(EURO)2020予選ベラルーシ戦に臨み、4-0の勝利を収めた。この試合で2得点を挙げたMFトニ・クロース(バイエルン・ミュンヘン)の2点目にEURO公式インスタグラムが脚光を当てている。

 EURO本大会出場に肉薄していたドイツは、ホームでベラルーシと対戦した。前半41分にDFマティアス・ギンター(ボルシアMG)のゴールで先制すると、ハーフタイムを挟んで後半4分にはMFレオン・ゴレツカ(バイエルン)が追加点奪取。同10分にはクロースも決めてリードを3点に広げ、勝利に大きく近付いた。

 そして同38分、クロースに再びチャンスが訪れる。ペナルティーエリア内右寄りでボールを持ったMFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)からの横パスを受けると、背後から迫るDFをあざ笑うかのように右足裏を使ってターン。さらに寄せてきたもう1人のDFを右足のキックフェイントで軽々とかわし、左足のシュートでニアサイドを打ち破った。

 流れるようなプレーから決めた一撃を、EURO公式インスタグラムはその日の最優秀スキルを決める「スキル・オブ・ザ・デイ」に選出して紹介。コメント欄では「なんてコントロールだ」「史上最高のMF」「まさに達人」と称賛のコメントが寄せられていた。

 ドイツはベラルーシ戦の勝利により、EURO2020出場が決定。昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)では失意のグループリーグ敗退となったが、まもなく30歳とベテランの域に達しつつあるクロースとともに、名誉挽回の大会とすることができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」