森保監督、堂安&久保の“黄金コンビ”をコロンビア戦で同時起用か 「2人にはこれまで…」

森保一監督が会見に出席【写真:Football ZONE web】
森保一監督が会見に出席【写真:Football ZONE web】

コロンビア戦に向けて前日会見に臨む

 U-22日本代表の森保一監督が16日、国際親善試合U-22コロンビア戦(17日/エディオンスタジアム広島)に向けて前日会見を行った。この日、A代表を率いて敵地のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦(2-0)から帰国後、即広島入り。国内初めての戦いとなるコロンビア戦ではA代表でも活躍するMF堂安律(PSV)とMF久保建英(マジョルカ)に期待を寄せた。

 国内で“お披露目”となる一戦。14日に行われたサンフレッチェ広島との練習試合(35分×2本/0-1)には堂安だけ出場しなかったが、「今日の練習で全体的に合わせて明日の起用を考えたい。ベストで先発メンバーを考えたい」とし、「2人にはこれまでやってきたこと、A代表で経験したこと、彼らが経験したことをプレーに出してほしい」と、2人の“同時起用”の可能性を示唆した。

 ともにA代表で経験を積んでいる2人。コロンビア戦で2人同時起用で印象深いのは2017年5月21日のU-20ワールドカップ韓国大会のグループリーグ第1戦の南アフリカ戦(2-1)だ。この時は1-1の後半27分に久保からのパスを堂安が決めて、勝ち越し。これが決勝点となり、逆転勝ちに導いた。

 前日の練習でも息の良さを見せた“黄金コンビ”。指揮官は「A代表で経験していることを自分のパフォーマンスとして、チームのコンセプトのなかで特徴を出してもらいたい。チームのために走って戦うこと、そのコンセプトはA代表もU-22も変わらないので、A代表でやっていることをやってもらいたいなと思います」と期待を寄せた。

(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング