英記者がキルギス戦“先発11人”を採点 「動きと閃きで脅威に…」と単独最高点の選手は?

原口は中島と“異なる持ち味”を発揮 「トップクラスのフリーキック」と称賛

【MF】
遠藤 航(シュツットガルト) 6点
深い位置に落ちて、最終ラインの前の防波堤となった。ホームのキルギスがポゼッションをしている時には、その攻撃を押し返していた。

柴崎 岳(デポルティボ) 6点
日本のプランに従って、柴崎は本来彼ができるほど攻め上がる考えを持たなかった。それでも、遠藤と良い連係を見せて、ホームチームが攻撃に出てきた時はしっかりと対処していた。

伊東純也(ヘンク) 6点
彼が巧妙な小さなフリックによって、南野がペナルティーエリア内に駆け込み、日本に先制点をもたらすPK獲得につなげた。堂安律の不在を感じさせない十分なパフォーマンスを見せた。

南野拓実(ザルツブルク) 8点
最も重要な意味を持つ先制点を記録したと同時に、動きと閃きで相手の脅威になり続けた。ただし、チャンスをもっと多くのゴールに結びつける必要はある。

原口元気(ハノーファー) 7点
中島翔哉に代わって先発に選ばれ、左のウイングで異なる持ち味を発揮した。さらにトップクラスのフリーキックで得点を挙げて、好プレーを印象的なものにした。

【FW】
永井謙介(FC東京) 6点
積極的かつ精力的に動き回り、相手の守備を深い位置に押し込んだ。その結果として生じたスペースを南野が活用できた。堅実なパフォーマンスだった。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング