英記者がキルギス戦“先発11人”を採点 「動きと閃きで脅威に…」と単独最高点の選手は?

キルギス戦の日本代表スタメン11人の採点(10点満点)

【GK】
権田修一(ポルティモネンセ) 7点
2つのファインセーブを見せた。特に最初のFWミルラン・ムルザエフのシュートを抑えたセーブは、試合をスコアレスに留める意味でも重要なものだった。その活躍もあり、日本は今年のW杯予選で無失点を維持することができた。

【DF】
酒井宏樹(マルセイユ) 5点
前方へ仕掛けることができたのは稀であり、キルギスの左ウイングであるMFグルジギト・アリクロフの対応に少し問題を抱えた。彼の最高のパフォーマンスを見ることはできなかった。

植田直通(セルクル・ブルージュ) 6点
冨安のポジションで、彼の穴を埋めるのに十分な堅実なパフォーマンスを見せた。試合の序盤では素晴らしいカバーリングからのタックルで、ムルザエフを寄せつけなかった。

吉田麻也(サウサンプトン) 6点
普段のパートナーである冨安を失いながらも、普段どおりの堅実なプレーを見せた。

長友佑都(ガラタサライ) 6点
最近では通常になっているように、長友の攻め上がる回数は少なかった。彼が規律を保つプレーを見せたことが、日本の守備が毅然とし続けるための重要な要素となった。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング