英記者がキルギス戦“先発11人”を採点 「動きと閃きで脅威に…」と単独最高点の選手は?

日本代表GK権田修一(左)とMF南野拓実【写真:AP】
日本代表GK権田修一(左)とMF南野拓実【写真:AP】

敵地でセットプレー2発を沈めた日本、無失点をキープしてW杯予選4連勝

 日本代表は14日、カタール・ワールドカップ(W杯)2次予選でキルギスと対戦し、アウェーで2-0の勝利を収めた。10月シリーズからU-22日本代表に合流したMF堂安律(PSV)、MF久保建英(マジョルカ)、負傷離脱中のDF冨安健洋(ボローニャ)らが不在のなか、代わりに出場した選手たちが安定したパフォーマンスを見せた。

 明確な狙いを持って攻めてきたキルギスに苦しめられた日本だが、前半41分にMF南野拓実(ザルツブルク)が自身が倒されて得たPKを決めて先制すると、後半8分にもMF原口元気(ハノーファー)が直接FKを決めてリードを2点に広げた。守ってはGK権田修一(ポルティモネンセ)の活躍もあり、W杯予選開幕から4試合連続無失点をキープした日本だが、その戦いぶりをかつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、W杯を6大会連続で取材した英国人記者マイケル・チャーチ氏はどのように見たのか。先発11選手を10点満点で採点。チームに先制点をもたらした南野に付けられた単独最高点と、付け加えられた課題とは――。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング