「5人の“彼女”と寝ている」 南野同僚の19歳FWハーランド、衝撃告白の真相とは?

レッドブル・ザルツブルクFWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:Getty Images】
レッドブル・ザルツブルクFWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:Getty Images】

ノルウェー代表としてEURO予選に臨む

 日本代表FW南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルクで攻撃ユニットを組むノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドが、ノルウェー紙「Dagbladet」のインタビューに応じた。インタビューの中で19歳の新星ハーランドは「5人の“彼女”」と「一緒に寝ている」と明かしており、その真相を語っている。

 ハーランドはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の第4節までにすでに7ゴールを挙げるなど爆発力を見せており、セリエAの強豪ユベントスからも注目されているという逸材。オーストリアリーグでも15ゴール決めている2000年生まれのストライカーは地元紙のインタビューで、衝撃の告白をしている。

「彼女たちはベッドに横たわっていて、僕は一緒に寝ています。ザルツブルクには5人。彼女たちは僕の彼女だよ」

 笑顔でこう話したというハーランドだが、“5人の彼女”というのは実は試合球のようだ。オーストリアではハットトリックしたらその試合球に同僚からのサインを入れてもらって持ち帰ることが多い。すでに今季公式戦で5度のハットトリックを達成しているハーランドは、5つのボールをベッドに飾り「毎日見ている」と明かした。

 現地時間15日に欧州選手権(EURO)予選でフェロー諸島と戦い、同18日にはマルタ戦に臨むハーランド。この2戦では「二つの勝利が大事」と語り、連勝も宣言した。好調を維持する19歳は“5人の彼女”に力をもらいながら、一戦一戦ゴールを重ねていくつもりだろう。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング