U17日本代表、決勝トーナメント進出に前進 エース西川潤は控えスタートで米国と0-0

1勝1分で勝ち点を4に伸ばした日本【写真:Getty Images】
1勝1分で勝ち点を4に伸ばした日本【写真:Getty Images】

勝ち点4に伸ばし、次戦首位セネガル戦へ

 U-17ワールドカップ(W杯)がブラジルで開催され、日本代表は現地時間30日に第2戦となるアメリカ戦に臨み、0-0で引き分けた。初戦で欧州王者のオランダを3-0で撃破。オランダ戦で2得点し、来季湘南ベルマーレの加入が内定しているFW若月大和(桐生第一高)は先発、セレッソ大阪入団が決まっているFW西川潤(桐光学園高)は途中出場した。

 森山佳郎監督率いるD組の日本は、初戦で欧州予選を制覇した優勝候補のオランダを3-0で下した。グループ最大の強敵を相手に若月や西川ら高校生ながらすでに特別指定選手としてJ1デビューを果たしている逸材が躍動。2002年1月1日以降に生まれた選手で構成される“02ジャパン”の存在感を世界に知らしめた。

 同組のセネガルがオランダを3-1で下したことから、勝てばグループリーグが決まる一戦。この日は、エースの西川がベンチスタートとなり、代わりに2トップの一角はFW唐山翔自(ガンバ大阪ユース)が務めた。

 前半は均衡した展開でなかなかチャンスをつかめず。森山監督は後半11分に唐山に代わって西川を投入した。出場直後、西川はミドルシュートで好機を演出。後半27分にはDF畑大雅(市立船橋高)の右クロスに若月が頭で合わせ、枠内に飛ばすも相手GKの好セーブに阻まれた。だが、最後までゴールを割ることができずに0-0のまま終了した。

 1勝1分で勝ち点を4に伸ばした日本は、決勝トーナメント進出に前進。セネガルとのグループステージ第3戦は現地時間2日に行われる。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」